住まいの自習室

マイホーム探し、物件が先?それとも価格が先?

マイホームを購入しようと思ったとき、まずは様々な物件を見て気にいった物件を購入しようと考えてる方がほとんどです。いくらでも予算を掛けてもいいという方の場合はそれでもいいのかもしれませんが、通常マイホームを購入しようと考えている人は、ほとんどの方が「住宅ローン」を組まれて購入します。この場合「いくらまで借り入れできるのか?」ということが重要な要素となってきますので、まずは『どのくらいの価格の物件が購入可能か?』=『いくらまで借り入れが可能なのか?』を把握するのが重要となります。

まずは自己資金計画を

資金計画を行なうにあたって必要になる数字が、「年収」・「現在のその他借入額」・「現在の家賃(月々の支払額の目安になります)」・「貯金」・「金利」・「親から贈与額」などです。これらの数字とライフプランを考慮して、通常資金計画を行い、「借り入れ限度額」を算出し、「購入可能限度価格」を導き出します。うまく不動産営業マンを活用し、正しい資金計画を行ないましょう。


イエステーションの資金計画の場合


リフォームを考えられている方は、別途リフォーム費用も念頭に入れて、資金計画を行ないましょう。また住宅ローンを組むと、団体信用生命保険に加入することになりますので、現在の保険の見直しも行なうといいでしょう。


資金計画

正しい資金計画を行なっていれば、購入の目安が付くから見学する物件も絞られてくるので、購入する物件のイメージが湧きやすいよ!